DIYでエコな暮らし

築20年マンションをDIYで快適にしていきます。

【生活】IKEAのLED電球NITTIOを使った間接照明で1日30分の癒しの時間を過ごす

こんにちわアーネコスキです。

PCの連続作業や通勤でのスマホ、人員不足による残業など

ゆっくり入浴をする時間もとれない毎日を過ごされてる人も多いと思います。

毎日癒しののリラックス時間を30分でも取ることがとても重要と思います。

北欧では、夜はローソクや間接照明をとても多く使います。

そこで本日購入してきたのは、これ

f:id:diyecolife:20170603160027g:plain

IKEA NITTIO LED電球!!

 

LED電球による間接照明とは

・間接照明のセッティング

間接照明のによる効果を体感

 

LED電球による間接照明とは

これまでの間接照明は、ハロゲン球や白熱灯が多く熱を発生し消費電力も多かったのですがこの電球は、LEDですので発熱が少なく消費電力も少ないです。

理由としては、強い演出効果をだせないためにハロゲン球が多いこともあげられるのかと思います。またLED電球はどうしても直線光になってしまい間接照明に向いてないと思います。

SPECを見ると明るさは、20lm(ルーメン)消費電力は、1.8Wです。

通常のLED電球は、600lmですからかなり暗いと思われます。

IKEAの電球売場の片隅に寂しそうに置いてあります。

パッケージを開けてみるとなんとも不思議な形状です。

f:id:diyecolife:20170603160139g:plain

全体は、プラスチックで出来ていてフィラメント部分?がなんとも独特のデザインになってます。価格は、従来品に比べ安価です。

点灯させるとこんな感じになります。

電球色のオレンジっぽい色。

f:id:diyecolife:20170603160344g:plain

間接照明のセッティング

壁に取り付ける照明器具がベストですが、日本の住宅にはあまり壁にコンセントがあるお宅はないと思います。

今回は、以前IKEAアウトレットで購入した床置きの 商品名:ROTVIKに4個取り付けてみました。

IKEA店頭では、なんとなく暗いかな~と思いましたが4個の効果もあっていい感じになりました。

f:id:diyecolife:20170603160236g:plain

電球色の明かりでアジアン風の間接照明になりました。

 

間接照明による効果を体感

部屋を暗くして間接照明のみ点灯させて30分間ボーッとしてみました。

音楽と飲み物があるともっと良いですね。

間接照明のやわらかい光は1日の疲れを癒す効果があると思います。

目を休める効果もありそうです。

LEDタイプなので消費電力も1.8W×4個=7.2Wとわずかで経済的です。

IKEA通販でも購入可能です。

では

 


diyecolife.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする