読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYでエコな暮らし

築20年マンションをDIYで快適にしていきます。

キッチン水栓をDIYで憧れのTOTO製に交換した。

こんにちわ

アーネコスキです。

我家のキッチン水栓は、押すと水が出るタイプですが

取っ手がプラスチックでできておりとうとう欠けて

しまいました。

交換をしてもらおうとお世話になっている業者で

見積もりしたところ

交換費用だけで、15,000円~20,000円とのことで

自力で交換することにしました。

BARのカウンターにあるような水栓にしたいと思い

いろいろ悩んだ結果 あこがれの

TOTOさんのTCK32シリーズにしました。(笑)

早速TOTOさんの技術ページで調べたところ

どうやら専用の工具が必要なことがわかり

ネットで水栓と締付工具TZ40Lを注文しました。

外形図面もWEBで入手できます。

取り付け時の確認ポイントとしては

・キッチンの穴形状

・シングルレバータイプ

・キッチン下寸法の確認

・専用工具が必要か?

 あとでわかったのですが締付は、

 流しのシンク裏の作業なので専用工具がないと

 できませんでした。

f:id:diyecolife:20161114125049p:plain

TCK32C(TOTO)と専用工具 

取り付けは、ワンタッチなので元栓を絞めて

現行水栓を外して給水・給湯ホースを接続します。

f:id:diyecolife:20161114125140g:plain

締付工具でナットを絞めて水漏れがないか確認します。

取り付けが完了しました。

現行品は、INAX製でしたがTOTO製が取り付けられました。

現行品は、錆がでておりパッキンも緩んで水漏れ寸前でした。

交換してよかったです。

f:id:diyecolife:20161114125359p:plain

上にあげると水が出るタイプになりました。

現在は、こちらが主流のようです。

下に押すと水が出るタイプは、物が落ちても

水道が出てしまうことがあります。

おわり

 

 

広告を非表示にする